digihows

プラスアルファを熱量込めてお届けするブログ

検証レビュー : AnkerのモバイルバッテリーPowerCore10000でiPhoneを満充電!所要時間を調べてみたよ

スポンサーリンク

Ankerのモバイルバッテリーを検証レビュー

Ankerのおすすめモバイルバッテリーで実際に充電を試してみました!

スマホのモバイルバッテリー、ほぼこれ一択 !

どもども。

iPhoneアクセサリーは基本的に「とりあえずAnkerで!」な思考法のさいでっくすがお送りいたします。

 

先日iPhone8を購入し、初代以来約10年ぶりにiPhoneに帰ってきました。

各種アクセサリもイチから買い揃えています。

 

先日ご紹介したライトニングケーブルに加えて、モバイルバッテリーも大好きなAnkerの製品を買いました。

実際の使用感とともに、iPhoneの充電にかかった時間を検証してみたのでレビューしていきます!

 

Anker PowerCore10000の概要

画像とともに基本スペックを確認!

モバイルバッテリー 表面はすこしザラッとした感触

表面は少しざらざらとしたプラスチック。

縦横の寸法は12.8cm x 9.8cm。クレジットカードよりほんの少し大きいくらいですね。

厚さも4cmでかなりコンパクトな印象です。

 

ややずっしり

手に持つとこんな感じ。

重さは68グラムで、iPhone8本体に比べると少しずっしり感があります。

 

f:id:thablue19:20171014214543j:plain

側面。

左側がゲームやスマホに給電する方。言わば電気の出口。

右側がモバイルバッテリーそのものを充電する時のやつ。電気の入り口。

 

ちなみにMicro USBケーブルは一本だけ付属しているので、とりあえず充電も給電も出来るようになっています。

ただケーブルや充電器は自宅用と旅先用で2つあるとかなり便利。

買い足しすならAnkerで統一するとかなり格好良い!

 

やっぱり洗練されたデザインがiPhoneに合うよね! 

横に小さなボタンがあります。

f:id:thablue19:20171014214602j:plain

これを押すと・・

 

f:id:thablue19:20171014214612j:plain

ぴかっ

モバイルバッテリー自体の電力残量を教えてくれるんですね。

 

シンプルなデザインながら、必要な機能をしっかり盛り込んでいるという印象です。

 

早速旅先でも使ってみました!

ディズニーランド/ディズニーシーはやっぱりモバイルバッテリー必須! 

先日東京ディズニーランドに行った際、早速こちらのモバイルバッテリーを使ってみました。

ディズニーランドにモバイルバッテリーを持参

待ち時間にゲームやWebサイト巡回をしていると夜には充電が限界に達してしまいます。

ディズニーはやっぱり夜が綺麗なので、そこで沢山写真やムービーを撮りたい。

その時に充電が無くならないために、モバイルバッテリーはやっぱり必須ですね。

 

カバンがあれば持ち運びは楽勝

やっぱりそこそこに重さがあるので、手に持っていたりポケットに入れていると少し邪魔になってしまいます。

カバンを持参しているなら、そこにモバイルバッテリーを入れておいて隙間からケーブルをにょろっと出して、

その状態でスマホやゲームをひたすらいじる、というのがおすすめのスタイル笑

 

最近はカバン自体にUSB充電機能がついているやつもあるのでこれを持っていけば最強かもしれません!

充電するのに時間はどのくらい?検証してみました!

Amazonの商品ページにはこんな文言があります。

Amazonの宣伝文句

参照 : http://amzn.to/2ypb6p8

 

フルスピード充電技術、だと・・?

ならどんだけフルスピードだか調べてやろうじゃないか! 

 

というわけで実際に調べてみました。

 

Ankerのモバイルバッテリー、充電速度を画像つきで調べてみた!

31%まで電池残量が減ったiPhone。

充電スタート

 

こいつに充電満タンのPowerCore10000を接続して充電開始!

iPhoneにモバイルバッテリーを接続

 

なんと30分も経たないうちに、31%→67%に。

36%も回復しました。1分に1%以上の充電パワーです!

f:id:thablue19:20171016163559j:plain

 

ここで一度寝るw

本来であればここのまま充電し続けて検証するところなんですが、

さすがに平日の3時近くはキツイ・・ということで一度就寝。

 

後日、同条件で再開

気を取り直して、その後また67%充電のiPhoneに給電開始!

 

1分1%ペースを維持しています

 

67%→89%にするのに約30分!

 

あっ!ぼんやりしてるうちに100%に。

充電満タンに!

一般的に90%→100%は少しペースが遅くなるけど、もう少し早く満充電出来た気がする・・

 

検証結果 : 30%→100%にするのに長くても1時間半

とりあえずの結論としては、合計約90分かけて30%→100%かかりました。

ただ正確に測定できておらず、僕の推定ではもっと早く(たぶん60分〜70分くらい?)満充電いけてたんじゃないでしょうか。

 

この結果が正しいと過程して、0%→100は長くて2時間程度ということになります。

 

機体の新しい/古いに応じて充電時間は変わる

ただ僕のiPhone、モバイルバッテリーともにかなり新しい状態で、

バッテリー自体がかなりイキが良い時に測定した結果であることは少し考慮すべきかも知れません。

 

それでも2時間で満充電出来るとしたら「フルスピード」の名に偽り無しと言って良いでしょう。

すごいぞAnker!

 

まとめ

相変わらずのイケてるプロダクトデザインと機能性。

やっぱりAnker製品は信頼度抜群です!

 

仕事や旅行、各種イベントでモバイルバッテリーを探している人は、

こちらの検証結果を参考に是非「Anker PowerCore10000」の購入をご検討下さい!