digihows

でじはうす : プラスアルファな情報を熱量込めてお届けするブログ

ギャラクシー街道の感想ネタバレあり 犯罪的ゴミ屑映画。心から不快になりました

ギャラクシー街道

 

 

以前何かの記事にも書いたのだけれど、ぼくは映画を観ると大概どんな作品でも面白い感じてしまう。あまりつまらなかったと思う事は無い。その原因の一つとして、出来る限り事前に情報を集めて、少なくとも観に行って後悔しなさそうなものを選ぶようにしている、ということがあるからだろう。さらに言えば、その情報収集の段階ですでに映画に入り込んでいくことが多く、結果的にそこまで面白い映画でなかったとしても、作品と自分との距離を縮められる材料をあらかじめ準備出来ているということも考えられる。その意味で言えば、これからギャラクシー街道を凄い勢いで貶すけれども、同作の関係者各位からすればややアンフェアな勝負を強いられることになる、ということすら全く忍びないとも思わない。ぼくは年に数回、人に誘われるがままに自分ひとりではまず観に行かないような映画を観に行くことがある。そういう時はそういう時はまったくどんな映画だかほとんど知らずに行くことになるのだが、逆に言えばそういう時に観せられる映画というのは大概がテレビ映画であり、なんらかの形で映画の概要は頭に入っている場合が多い。

 

 

 

 

ギャラクシー街道に関しては、劇場で予告編1・2回、本を読みながら観たような、観ていないような、といったぐらいのもので、「ああ、三谷幸喜の映画。宇宙でなんかいろいろやるのね」ぐらいの認識があった。さらに普段よく行く劇場に巨大ポスターがあって、豪華出演陣を確認してもいた。当然ながら全く観たいとも思っておらず、決して良い評判の聞かない三谷映画に行くということで、誘われた時には一瞬たじろいだわけだが、この機会を逃せば三谷幸喜の監督作品を観ずに生涯を終えるのかもしれないという、今から思えば全く不要な自己正当化的ロマンティシズムに身を浸して、エイヤとばかりにチケットを購入していた。言うまでもないが、一切期待はしていなかったけども「面白い映画でありますように!」という思いは強く持っていたし、出来るだけちゃんと画面を見いって、良い所をたくさん見つけたいと思っていた。これは上から目線でも何でも無く、どんな映画を見るときにもぼくが心がけている態度であって、お金と時間を遣ってわざわざ映画を観るのだから、こちらも頭を使って映画の良い所とだめな所をきっちり見極めて、良かった部分に価値を見出して行きたいのである。世の中にはいろいろな映画があって、作りが完璧で全くダメなところが見つけられなくても、大して心に残らないものもあるし、逆に九割ダメでも残りの一割に神を見るような映画もある。ぼくなどはその神を見たくて、映画を観に行っているようなものだ。だからいかなる場合も期待値は下げないし、上映中どれほど辛くても、大逆転を信じているのだ。さて、そんなぼくがギャラクシー街道を観終えて何を感じたかといえば、端的に怒りである。生まれて初めてレベルで「おれはゴミ映画を観た!」という確かな実感があった。ぼくが信じている神を、この映画のつくり手たちは何も信じていないのだと思い、悲しくもなった。ぼくは三谷幸喜がどのような作家なのかはほとんど知らないが、知らないなりに知っている情報では、彼は古い映画が好きだそうなので、本作の中にもいろいろな映画やドラマのオマージュが入っているのだと思う。ぼくのような情弱でも気づいた限りでは、綾瀬はるかの髪型とかはスタートレックのスポックなのだろう。全体的なテーマも、スタートレック的な普遍性を描こうとしたという意図が見えなくもない。しかし異星人間での性交や生殖を描けば良いというものでは無い。「ぼくのかんがえたさいきょうのスタートレック」の範疇から一歩も外に出ておらず、実社会との関連性を描く意思が全く感じられないため全く共感できる部分がなく、美術のレベルの低さもキッチュにすら格上げされるには至らない。ひとつひとつの演出を見ても、単純にセンスが無いと感じた。大竹しのぶのカミナリとか、あれは面白いと思ってやっているのだろうか?あそこから批評性を読み取れないぼくの頭が悪いのだろうか?これが三谷幸喜の持ち味だと言われたらそれまでだが、三谷の暴走を止められなかったスタッフにも責任があるし、彼にギャラを出したプロデューサーにも責任があるし、それを可能にしてきたこれまでの、そして現在の、ぼくたち観客たちのレベルの低さにも責任があるし、とにかく全てが醜悪である。「わからない奴が悪いんだ」というのなら、わかる人同士で作って褒め合ってれば良いんだよ。タランティーノの映画は、元ネタわからなくたって面白いぞ?お前たちの映画がこれほど下らないのは、お前たちが本当は映画なんて好きじゃないからなんじゃないか?ぼくたち観客がどれほど裏切られても信じ続けている神を、お前たちは信じていないんじゃないのか?せっかく力も持ってて、客も持ってるのに、こんな映画作ってどうするの?あ、タイトルにネタバレありって書いてあったから一応ネタバレすると、綾瀬はるかがおっさんと性交しておっさんがタマゴ産んでハッピーな感じになって、ティーエムレボリューションが歌がうまくて終わります。