digihows

でじはうす : プラスアルファな情報を熱量込めてお届けします(旧・なつみ憂のブログ)

戦争映画のおすすめ 5作品をご紹介します

おすすめの戦争映画 激しい戦闘シーンや銃撃戦で魅せる洋画5本

戦争映画から学ぶ人間の尊厳、世界の不条理

今までに観た映画の中から、特に記憶に残っている戦争映画5作品をご紹介します。全ての戦争映画で一貫して描かれているものは一言で言うと「不条理」なのだと思います。なぜ人は戦争をするのか、なぜ奪いなぜ殺すのか。もちろん戦場にいる兵士たちにはそんな事を考えている余裕が無い訳ですが、映画としてそれらを観ている私たちにはその大きな問題が突きつけられます。

こちらでは、そのようにズッシリと考えさせられるような戦争映画、洋画を中心に5本を選んでみました。どれもかなり有名な作品で、DVDレンタルもすぐに出来るのでは無いかと思います。ちょっと重厚な戦争映画を観たい、そんな気分の時には是非参考にしてみて下さい。

 

おすすめの戦争映画 一覧

ゼロ・ダーク・サーティ('12)

ビンラディン暗殺の発見から暗殺の実行までを描いた映画。監督は「ハートロッカー」アカデミー賞を獲得したキャサリン・ビグロー。この映画がどこまで史実に基づいているのかはナゾな所もあるが、実際に作戦の中枢にいたのがあの華奢なCIAの女性・マヤのような人だとすると、なかなか凄い事だとおもう。

批評的なことを一言でいうと、「復讐って意味あるのか?」みたいな事を問うている映画だ。最後にビンラディンの遺体を見た後のマヤの表情には、人間や国家の営みの不条理が凝縮されているかのよう。ただやはり、僕も日本人。日本人は忠臣蔵のような仁義に基づいた復讐劇が好きなのだ。終盤の真夜中0:30(ゼロダークサーティ)に粛々と作戦に赴く様子は非常に気分が盛り上がるところ。

関連記事 → 実話に基づいた映画 11本のおすすめ作品をご紹介

 

フューリー ('14)

ブラッド・ピット主演、監督は「エンド・オブ・ウォッチ」や「サボタージュ」で一躍評価を高めたデヴィッド・エアー。エアー監督自身がアメリカ海軍出身で、かねてから戦争映画を撮りたいと考えていたらしい。それだけにリアルな戦場の描写や兵士たちの葛藤が非常に誠実に描かれている。

新兵であるノーマンの視点から物語が進行していくが、なんといってもブラピ演じる「ウォーダディ(戦争おやじ)」の痛快で男気マックスな暴れっぷりが凄い。こんな奴がリーダーのチームなら、悲惨なドイツの戦場でもほんの幾分かは安心なのかも。CGを出来るだけ使わずに作られていて、作品の目玉となる戦車も本物が使用されているという。文字通り雨あられのように縦断が飛び交う、終盤の怒濤の銃撃戦は地獄というほか無い。

 

プライベート・ライアン('98)

戦争映画の歴史を塗り替えた一本。スティーブン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演作品。ライアンという兵士を救う為に組まれた特命隊の物語。これも、初めて見たのは小学校のときぐらい。あまりに陳腐すぎる感想だが、「絶対に戦争なんて起こしてはいけない」という事をこれほどストレートに感じる映画も無いと思う。冒頭のノルマンディー上陸作戦のシーンは、実際に作戦に参加した兵士からそのリアルさを絶賛されたそうだ。

この映画に関しては、さすがに語る言葉が無いというか、ありすぎるというべきか。機会があれば、また回を改めてじっくり感想を書きたいところだ。

 

ブラックホーク・ダウン('01)

この世界に、こんなにも最悪な状況があるのだろうか?アフリカのソマリアで作戦実行中のアメリカ軍がヘリコプター「ブラックホーク」を撃墜されたことによって窮地に陥る。敵だらけの市街地で始まる悪夢のような戦闘。そもそも、監督のリドリー・スコットは誰かが窮地に陥る映画ばかり撮っている男だ。そんななかでも、この「ブラックホーク・ダウン」はもっとも窮地ぶりがダイレクトに描かれる。

イーサン・ホークのいたいけな表情も、後に立たされる苦境を暗示するかのようでぴったりハマっている。ちなみにアカデミー賞では「最優秀音響賞」を獲得。サラウンド環境で聞くと、より臨場感高く戦場の気分を味わえる。

 

フルメタルジャケット('87)

これまで紹介した作品とは、また全く違った方向性の戦争映画。キューブリックを何本か見た人ならかなり楽しく見られると思うが、間違っても付き合いたてのカップルのお家デートなんかでは見てはいけない。戦争映画というよりは、戦争のような極限状態を通して人間そのものを描くような所に来ている映画だと思う。

はじめて15歳ぐらいのころに見た時は、前半の訓練シーンの意味不明な下品さと画面の退屈さに、途中で寝てしまった。しかし、今見ると色々深い所がある。こういう風に考えると、僕という人間も成長している面があるのかもしれない。

 

 

関連記事 

サスペンス映画 ゾクゾク来るおすすめの13本をご紹介します

 

ホラー映画のおすすめ5作品をご紹介

韓国映画のおすすめの7作品をご紹介します!

実話に基づいた映画 11本のおすすめ作品をご紹介 

アクション映画のおすすめ! 厳選の17本をご紹介