digihows

プラスアルファを熱量込めてお届けするブログ

「この仕事にやりがいが無い」と感じているなら今すぐに転職に向けて動き出すべき

スポンサーリンク

f:id:thablue19:20190206074913j:plain

 

やりがいに対する疑問は致命的。10年後に後悔したくなければ今すぐに行動しよう

 

「こんなことやって何の意味があるんだろう」

「給料をもらえてるからまあいいんだけど、毎日の仕事にハリを感じられない」

「限られた人生。もっとやりがいのある仕事をしたい」

 

会社で働いている人であれば、仕事のやりがいというのは毎日の生活を意味あるものにするためのとても重要な要素となります。

もし今やりがいを感じられないのであれば、すでに自分がまずい状況に足を踏み入れ始めているということを自覚すべきです。

 

僕もやりがいの無さに悩んでいました

僕も何度か転職を繰り返しましたが、いずれも少なからず「仕事のやりがい」「やってることの意味」といったことが関わっていました。

なんにせよ、最低限のモチベーションを保てなければ成果は出ません。

成果が出なければ実績は積み上がらず、長期的にみてもキャリアのプラスにはなりません。

 

この記事では今の仕事にやりがいや動機を見出せなくなったときにどうすべきかを僕個人の体験を交えながらご紹介します。

 

結論から言えば、やりがいの無い仕事は当然すべきではなく、状況を変えるためにあらゆる手段を尽くすべきであり、会社自体を辞めることも考える必要があります。

記事を最後まで読んでいただき、あなたの苦境が少しでも改善されることを祈っています。

 

「やりがいが無い」って具体的にどういうこと?

仕事に意味を見出せなかったりやりがいを感じられないという人は多いです。

しかし実際に色々な人に話を聞いてみたり、自分のケースを思い返したりしてみても、どのようにやりがいが無いのかはまちまちです。

 

代表的なパターンについて、ここで確認してみましょう。

 

明らかに意味が無い仕事をやっている 

これはとても辛いですね。しかし結構このような人が多いのが事実です。

 

社員の中で本当に会社や世の中の利益に結びつく仕事をしているのはごく少数のメンバーで、ほかの多くの人はそれをサポートしているという構図になっています。

そして中にはその構図の中にも入らない、あまり意味の無い仕事が発生する場合もあります。

 

どうしても無駄が発生してしまう会社という場所。でもあなたがそれをやる必要はありません

なぜそんな事が起こるのか。

分析して文章にするととても長くなってしまうので割愛しますが、一言でいうと会社組織や人間社会自体が不条理なものであり、

すべてが常に効率良く回って行くものでは無いため、ある一定の確率で無駄な仕事が生じてしまいます。

 

「無駄だけど必要」か、「必要だけど無駄」か?

しかし誰かがこれをやらなければいけない。

頭の悪い鈍いやつなら何も考えずにやるのでしょうが、あなたのように少しでも世の中が見えている人にとっては耐えられません。

当然ですがこのような仕事は1秒たりともすべきではないです。「無駄だけど必要」なのではなく「必要だけど無駄」なことをやっていると自覚しましょう。

 

リアクション(人からの感謝や対価)が得られない

仕事をしていて一番嬉しいのは、同僚や取引先・お客さんからの感謝の言葉です。

自分がやった仕事が回り回って世の中のためになるわけですが、まずは目の前の人から「ありがとう」と言ってもらえることが「次も頑張ろう」という気持ちにつながりますよね。

 

なんだかんだ言って目の前の人から何か言って欲しい

感謝ということの限らずとも、なにがしかの反応というのは仕事のやりがいに直結するものです。

料理を作ったら「美味しい」とか「もっとこういう味がいい」という反応が欲しいのと同じです。

 

お金はやりがいを生み出す

また、本来は給料やボーナスも仕事の成果に対して支払われるべきものなのです。

良い成果を出してボーナスが倍増すれば誰だってやる気が出ますし、ちょっとぐらい辛い仕事でもがんばれるものなのです。

 

人からの感謝も感じられず、成果に応じた報酬の制度も無いような環境であれば、やりがいを失うのは当然のことです。

 

単純に仕事が好きじゃ無い

対価も得られているし世の中に必要な仕事をしているのは分かっているんだけど、自分にとって意味が無いと思うのであればそれはやりがいが無い事と一緒です。

 

色々な人がいるのだから、色々な仕事がある。合うものだけをやればいい

周囲の人から

「せっかく入った会社なんだから頑張りなさい」

「一つのことを続けなさい」

などということを言われて心が迷うかもしれませんが、自分にウソをついているといずれそのしわ寄せが必ずやってきます。

 

仕事を辞めないやつの方が甘えている

もちろん本当に心から好きなことを仕事にするのはなかなか難しいでしょう。

しかし嫌いなことを続ける必要もまたありません。

 

「仕事が好きじゃ無いから辞めたい」というのは甘えだという人がいますが、100%間違っています。

むしろ逆で、好きでも無いことをさせられるような場所にいて、そこから抜け出す努力をしない人が甘えているというべきでしょう。

 

仕事を変えること、転職することは大変です。

それでも「今の状況を変えたい」「少しでも興味の持てることをしたい」という情熱があれば乗り越えるのは難しくありません。

 

今あなたが「やりがいを感じられない」と思っているなら、どうのこうの言っても転職するのが一番簡単な解決策なのです。

 

できるだけ効率よく状況を変えるには

仕事にやりがいを求めている人は、仕事に対するモチベーションの高い人です。

 

そのような人ほど、転職エージェントを活用するべきです。

 

現状の仕事に対してどこが不満なのか、どのように変えていきたいかという要望がはっきりしていれば、彼らはとても的確なアドバイスをしてくれます。

そしてそれに合致した転職先の候補を持ってきてくれます。

 

そして、そこでどのように動くと成功しやすいかのノウハウを確実に持っています。

それを活用しない手はありません。

 

とりあえず登録しておくべき転職エージェント

エージェントの登録は基本的に無料です。

最高の結果を出すために、転職エージェントの助けを借りましょう!

リクルートエージェント

ここは必須でしょう。起業からの信頼度も抜群で、誰もが知る有名企業とのつながりも強固です。

非常に優秀なアドバイザーが多く、彼らと話すだけでも色々刺激を受けることが多いです。

「今の仕事にやりがいが持てなくて・・」と素直に相談してみても、的確なコンサルティングをしてくれます。

リクルートエージェント

 

マイナビエージェント

20代〜30代や第二新卒など、若い求職者の支持を得ているのがマイナビエージェントです。

売り手市場の今、どの企業も若くてやる気のある従業員を求めている状況があります。今のうちに勝ち組大企業に入ることで今後数十年の人生が左右されると考えたら、登録しない手はありませんよね。

マイナビエージェント

 

パソナキャリア

リクルートやマイナビに比べると少し印象の薄いパソナキャリア。

でも求人の質・量ともに十分で、アドバイザーも親切で頼もしい人が多く、非常に評判の高い転職エージェントです。

特にITやメーカー系に強いという特徴があり、現在そういった業界にいる方ならまずはこちらのエージェントと会ってみることがキャリアアップをしていく上で必須でしょう。

年収や様々な待遇の向上に力を入れてくれるので、満足のいく転職活動を進めることが出来ます。

転職ならパソナキャリア

 

 

まとめ

  • やりがいのないことをやっていても、成果も上がらないしキャリアのプラスにならない
  • 感謝の言葉や給料など、基本的なものがやっぱり大事。それが無い環境でやってくのは大変
  • 今の仕事が嫌なら周囲の声など一切無視して適切な行動を取るべき