digihows

でじはうす : プラスアルファな情報を熱量込めてお届けするブログ

ベジタリアン生活を4年続けた健康効果、メリットなどのまとめ

ベジタリアンになって心身ともに健康に。やって良かった事といくつかのデメリット

ベジタリアン 健康

ベジタリアンはマジで良いぞ!今日から始めろ!

小籔千豊やベッキー、市川海老蔵など有名人もベジタリアンの人がかなり増えています。海外ではベジタリアンを公言しているセレブはかなり多くベジタリアンである事が格好良く良い意味で意識が高い事だとされていますが、日本では未だにちょっとバカにされている風潮があります。

僕も肉を日常的に食べないようになって4年ぐらいが経ちますが、その間にベジタリアンが如何にバカにされるかを学んだので、あえてベジタリアンである事を言ったりはしないようにしています。がしかし本心では、ベジタリアンが本当にあらゆる意味で健康に良く、みんながやるべきだと思っています。こういう事も言い出すと本当にウザがられるので人前では絶対言いませんが。

主なメリットを挙げるとこんな感じ

  • 疲れにくくなる
  • 「なんとなくダルいな」みたいな状態になりにくくなる
  • 不安や心の乱れが少なくなる
  • 食費が安くなる
  • 肌がきれいになる
  • 体臭・排泄物のにおいが臭くなくなる
  • 髪の毛が増える

ざっとこんな感じでしょうか。疲れにくいとか心穏やかになるとかは主観的な所もありますが、肌や髪の毛に関しては人から言われた事なので間違いないと思います。

以下に僕のベジタリアン経験や詳しい内容について書いていきたいと思います。ちなみに初めからベジタリアニズム自体をうさん臭いと思っているような方を説得する様な内容ではありません。「ベジタリアンやってみようかな」とか興味があるような方に参考にして頂ければと思います。

上部画像参照元:http://free-photos.gatag.net/2015/03/14/150000.html

ベジタリアンを始めた経緯

おおきなきっかけは自炊を始めて自分で料理をするようになったことでしょうか。始めた当初は実家に住んでいたんですが、生活リズムが家族とずれていた事もあり何気なく「飯は自分でなんとかするわ」と宣言したのです。

赤々とした生肉が気持ち悪いことに気がついた。

自分で自分の食事を管理するというのは、当然スーパー等で食材を買う所から始まります。そのようにして生鮮食品売り場で買い物をしているうちに、牛や豚の肉を見るのが何となく気持ち悪くなってきて、ましてや調理するのも嫌だ、という気持ちになってきました。

この時点では特に菜食主義を意識したりはしていませんでした。「なんか肉やだな」ぐらいの気持ちで、自分で料理するときはほとんど肉を食べなくなります。もともと特別肉が好きという事もなかったせいか、そのようにして自然と肉を食べる機会が減っていったのです。

 

心と身体が軽くなってきた

しばらくすると、なんとなく以前より身体が軽くなってきた気がしてきました。朝起きて異様に疲れている様な事も無く、疲れにくくなっている。

f:id:thablue19:20170913215458j:plain

さらに余計な事で不安を感じたり、気を病んだりする事も確実に減っている。これは元々の僕のメンタリティの問題もあるでしょうが、常に気分がすっきりとして心が軽やかになってきました。

直感的に食事を変えた事が要因であるように感じ、それから意識的に肉を食べないようにしていきました。家での食事では肉はもちろん魚介類も極力減らし、友人とラーメンを食べにいってもチャーシューを全部あげたりするようになりました。このようにしてベジタリアンに少しずつ近づいていったという感じでしょうか。

 

 

具体的にどんな料理を食べているか

一切肉を食わないのか?

ベジタリアンといっても、365日一切肉類を食べないという訳ではありません。例えば週末に外食したときにはちょこちょこと肉や刺身をつまんだり、2ヶ月に一回ぐらいは焼肉を食べにいったりします。(少なくとも日本では、そうしないと最低限の人付き合いがままなりません。残念ですが)

あくまでも「日常的に」は肉を食べないという事です。タンパク質はすべて植物性のものから摂り、肉や魚は栄養源では無くあくまでも嗜好品としてたま〜に口にする、という感じになります。これが僕の編み出したベジタリアン生活。

f:id:thablue19:20150423010139j:plain

ベジタリアンの一日の食事

朝は何も食べません。朝ご飯は大学に入ったぐらいから食べてません。「朝食が大事」というのは100%嘘だと思っています。

そして昼。昼はコンビニのおにぎりか適当なパンなど、普通です。当然「唐揚げ棒」や「カルビ弁当」のようなものは食べません。おにぎりであれば梅、パンであればコーンマヨネーズパンなど、極力動物性のものが入っていないものを食べます。正直バリエーションが限られてきます。

夜は色々ですね。多いパターンとしては納豆ご飯とみそ汁、大盛りの豆乳カルボナーラ、キャベツの豆板醤炒めなど。昼にあまり食べないので夜がっつり食べますが、肉・魚は当然一切摂取しません。

 

 

肉食べないのに耐えられる?

初めのうちは、しばらくすると肉や魚が恋しくなってきます。ですがしばらくベジタリアンを続けていると、あの独特の油の感じが受け付けなくなってきます。身体が自然と拒否する感じですね。

もちろん食感や味そのものの美味しさは感じられるので、食べる機会があれば少し口にはします。それでもやはり沢山食べる気にはならなくなってきます。

ただ、食事の嗜好は人によって違いますし、美味しいものを美味しく食べていくのが幸せと考える様な人であれば、無理してベジタリアンを続ける必要もないのかなとは思います。なので、しばらく菜食生活をしてみてどうしても肉を食べないと無理!とかってなるのであれば、すっきりと肉食に戻るのも良いのではないかとは思います。

f:id:thablue19:20150423010648j:plain

 

健康効果絶大だ!煽りじゃないぞ!

色々なベジタリアン本にも書かれている通りですが、心身の健康は自覚出来るレベルで大きな効果があります。

栄養の自転車操業を卒業

知らない人が多いようですが、人間の一日のエネルギー消費のうちかなりの割合を「食べたものの消化」が占めています。特に動物性の肉類は消化・分解に大きなコストがかかるようです。例えて言うなら10のエネルギーを得る為に9ぐらいしはらってしまっているような感じで、非常に効率が悪い。

こうしたムダなエネルギー消費がなくなるので、本来の仕事に取り組む為の集中力がぐんぐん取り戻されていきます。

  

心が平和になる

それ以上に大きいのが、精神面の健康です。確実に、余計な心配事したりする事がなくなり、良い意味で冷静に物事を考えられるようになります。肉を食うとなぜ不安感が増大するのか?ぼくなりの仮説を考えてみました。

よく「植物だって生きている。生き物を殺したくないから肉を食べないというベジタリアンは矛盾している」という理屈を言う人がいますが、これには幾つか間違っている部分があります。

f:id:thablue19:20170913215835j:plain

草が生きているのと豚が生きているのは全然違う

生命現象として「生きている」というのと、人が見て「生きている」と感じるものの間には大きな違いがあります。例えば雑草を地面から引っこ抜くという事と、目の前の豚を殺すという事は、どちらも「生き物を殺す」行為でしょう。しかし前者にはそういった自覚・何らかの罪悪感が伴うでしょうか?

人間は自らの存在と同じように、手足が合ったり目と耳があって口から音声を発する様なものに対しては、その分シンパシーを感じるように出来ているのだと思います。

牛や豚等は小麦や稲に比べたら明らかに自分の姿に近い訳で、そういった生き物を殺して食べるという事自体に小さな倒錯性が混ざっているのではないか。それが4年間ベジタリアン生活をしながら僕が考えたことです。

 

肌や髪の毛にも効果てきめん

f:id:thablue19:20170913215618j:plain

これは確実です。もともと肌がつやつやで髪がふさふさであれば関係ありませんが、どちらかに悩みを抱えている人であれば是非とも試してみることをおすすめします。

もちろん肌や髪の毛の状態は色々な要因で変化するものですので、肉類をやめただけですぐに改善されるかどうかはわかりません。しかしいずれにしても、こうした身体の表面の問題は、身体の内側の状態を良くする事で解決されていく可能性が高いです。

そうした要素の一つとして、動物性タンパク質に目を向けてそれを意識的に減らしていくというのは、やってみて損の無いことだと思います。

 

無理せず、スムーズにベジタリアンになるには

世間では、「○○○○を食べてこんなに健康に!」のような健康食品の広告がたくさんありますが、僕の意見では逆で「何を食べないか」によって健康を取り戻して行くしかありません。野菜にしたって、食べれば食べる程健康になれるかというとそんな事はありません。腸を働かせないという意味では、実は野菜も食べない方が良いのではないかとすら考えています。

もちろんこの考え方はかなり極端です。ただある程度ベジタリアン生活が身体に馴染んでくると、次のステップに進みたくなるので、さらなる健康法を考えてしまったりします。ただ逆に、ベジタリアン初心者の人や、これからやろうと思っているけど「体調を崩さないか心配・・」という人もいるでしょう。

いきなりガラッと食生活を変えるのは精神的にも負担が大きいかもしれませんので、すこし補助的な食品を導入してみると良いかもしれません。僕も時折興味を持っていくつか試してみましたが、特におすすめなのがナチュラルヘルシースタンダード というスムージーです。パッケージも可愛らしくて、健康食品という感じが全然しないですが、製法も栄養素もかなりしっかりしているようです。これを飲むのを習慣づけて、ベジタリアンに慣れて行くとかなりスムーズに行けるのではないでしょう。

スムージーは単純に飲み物としてウマいです。「ベジタリアンをやるほどの気合は無いが健康に気を遣いたい。できればカッコよく!」みたいな方にはかなりおすすめです。

 

やってみた人にしかわからない

ベジタリアンなんて胡散臭い。全くその通りです。そう思われるのは致し方ない。それが嫌なので、普段僕は取り立てて自分が菜食主義である事を誰かに話したりしません。焼肉屋に誘われてどうしても行かないとまずいような場合は、肉を食べている振りをして焼いた野菜をたくさんたべてごまかしたりしています。

ベジタリアンの効能やメリットはとにかくやってみて自分自身で感じてみないとわかりません。肉と魚を食べないだけですので、自分で食生活をコントロール出来る人であれば、とりあえず2週間ぐらいやってみることをおすすめします。心がクリアになって、それまでとは違う世界に行けますよ。

 

ベジタリアン生活におすすめのアイテム

クエーカー オールドファッションオートミール 4.52kg

f:id:thablue19:20170913213431j:plain

参考価格 : ¥2,100

レシピも沢山公開されていて、かなりメジャー度が増しているオートミール。定番中の定番がこちらです。

糖質を抑えながらバランス良く食物繊維を取れるオートミールはベジタリアンの主食とも言える基本食材。調理の仕方次第でお米の代わりにもお肉の代わりにもなります。オートミールを極めてベジタリアンライフをレベルアップさせましょう!

 

キッコーマン飲料 調製豆乳 1L×6本

f:id:thablue19:20170913214439j:plain

 

参考価格 : ¥1,356

こちらもベジタリアンの必須飲料。キッコーマンの豆乳です。

スーパーやコンビニでも大体売っていますが、Amazonでまとめ買いがやっぱりお得ですね。

肉を食べない生活をしていると、「乳製品は摂りたいけど牛乳はちょっと・・」となりがち。それをクリアするのが豆乳です。

あまり飲んだことが無い人は始めはちょっと違和感があるかもしれませんが、最近の豆乳は抹茶からココア、巨峰やメロンまで色々なフレーバーが充実しまくりです。自分の好きな味を探して豆乳生活をはじめてみるのも良いでしょう。

 

PEACEFUL CUISINE ベジタリアン・レシピブック (高嶋綾也)

f:id:thablue19:20170913215227j:plain

参考価格 : ¥2,484

ベジタリアンを誇りに思えてくるような、スーパーオシャレなレシピ本。YouTubeの料理動画で有名な高嶋綾也さんによる、厳選の65レシピを収録しています。

とにかく料理の写真がセンス良すぎ!世の中の流れとして、エコや健康はそれ自体がおしゃれで格好良いという風潮になりつつあるように思います。まさにその流れの最先端を行く充実の内容。ベジタリアンもベジタリアンを目指している人も必読です!

 

関連記事

スタバのおすすめマグカップ10選!

「仕事を辞めたい・・」と思った時の本 おすすめ10冊

読売新聞のサイトが広告まみれでちょっと引いた