digihows

プラスアルファを熱量込めてお届けするブログ

読売新聞のサイトが広告まみれでちょっと引いた

スポンサーリンク

読売オンライン、広告だらけでニュースが全然ないよ!

これが日本のジャーナリズムの現実

f:id:thablue19:20150414012828j:plain

 

見てみろよ、真ん中以外全部広告なんだぜ。

読売新聞のウェブサイト、「読売オンライン」のトップページ。広告の面積がちょっとどうかと思うくらいになってきています。下に並んでいる写真は一枚が統一地方選がらみで、残りの4枚がネイティブ広告。つまりまともなニュースは中央のリスト部分だけです。

バナーの大きさがすごい!

まず目を奪われるのが上部メニュー下の「Dr.倫太郎」のバナー。こんな大きさのバナー見た事無い。読売といえば発行部数日本一で、あまり知られていないが世界一でもある、名実共に日本を代表するメディア。しかしそんな伝統ある読売新聞がもはや巨大なホットペッパーになってしまっているという現実がここにある。

参考までに、他の新聞社のサイト

朝日新聞

f:id:thablue19:20150414014021j:plain

 

なんだか文字がでかくて情報量が少ない。でもまあ広告はそこまで目立たない感じでしょうか。

 

ニューヨークタイムズ

f:id:thablue19:20150414014146j:plain

うーん、くやしいけど、どう考えても日本の二紙よりも洗練されている。広告は自社のサブスクリプションの案内のみ。色味もしっかり統一されています。

 

新華社

f:id:thablue19:20150414014327j:plain

中国の新聞。ぐっと広告が増えた感じではあるが、読売よりははるかにマシ。ちゃんとトップニュースの画像をフィーチャーしている分、新聞サイトとしての体裁が保てている。

 

関連記事

向けられたカメラを銃だと思い手を挙げる子供。イスラム国が支配するシリアを象徴する写真

イオン内でバイトに大声で宣伝・呼び込みさせるの止めて欲しい

海外のユーチューバー「スローモーガイズ」の動画が面白すぎてマジでおすすめ